MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

八戸市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報

    

    べた基礎における、床版の厚みと鉄筋のかぶり厚さについて。 お伺い致します。 長文で失礼ですが、 「建築基準法施行令第七十九条」の第1項には、 『鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、...基礎(布基礎の...を除く。)に あつては捨コンクリートの部分を除いて六センチメートル以上としなければならない。』 とありますが、 1.木造住宅で平屋(高さ4メートルを超えて5.07メートル、 延べ面積が30平方メートル以内)である。 2.砕石転圧後に防湿シートを、更に捨コンクリート打設後に、 基礎断熱用として、発泡断熱材(エスレンホーム等、同等品。)を 施工する。 3.床版配筋として、異形鉄筋径10mmを、X-Y方向へ 共に200mm間隔で直交配筋する。 施工にあって、べた基礎の床版厚みは、120mmで足りると 説明されているが、外周部等の立ち上がり基礎の、かぶり厚さ 「4センチメートル」とは相違する。 現実的に、施工にあっては、鉄筋に対する、かぶり厚さ60mmの二倍寸 更に鉄筋、10mmが交差重ね合わせられる事により、鉄筋径の二倍寸が 必要であり、 床版厚みとして最少でも、140mm以上確保せねばならないはず。 上記、本条の第2項には該当しない条件のもとに「かぶり厚さ」にあって、 条文にある『六センチメートル以上』の数値を緩和(床版の厚みを減縮) できるような、定めなどの文献が存在しますか。
    慎重すぎ?我が家の家計で、あなたならいつ住宅購入しますか? 新築戸建てを欲しいと思っているのですが、タイミングがわかりません。 結婚7年、4人家族(子どもは幼稚園年中と0歳) 夫年収500万、妻年収400万(現在育休中)。 現在、貯蓄総額1200万。 結婚してから貯金を始め、毎年200万は貯金しています。 (今まで、車購入&入院費で200万使用しました) 地価平均23万/坪の地域に居住希望、 住宅は30坪くらいの平屋希望、土地は便利のいい場所で広め60~70坪くらい欲しく、少なくとも総額3000万くらいかかるかと思っています。 預金500万残して、残りを頭金にするつもりです。 現時点で700万。ちょっと少ないと感じています。